プレイバックシアター∞和音♪活動ブログ

東京都中野区を中心にパフォーマンスやワークショップ、合宿の主催など心温まる「時間と空間」を提供したいと、定期的に活動しています。

プレイバックシアター日本大会・2016東京~A-6 イメージシアター

プレイバックシアター日本大会・2016東京~A-6 イメージシアター

1931年生まれのブラジルの演出家アウグスト・ボアールが創設した「被抑圧者の演劇。
その代表的なの手法の1つとして「イメージシアター」をテーマに、本大会のプログラム
を担当してくださる松田裕樹さん。

改めてQ&A方式で、ボアール代表的な手法の1つでもある、フォーラムシアターと
イメージシアターについてお聞きしたところ、わかりやすく教えていただけたので、
この機会に皆さんご紹介いたします。

Q:フォーラムシアターとイメージシアターとは同じものなのでしょうか。
A: 重なる部分もありますが、違います

Q:フォーラムシアターとイメージシアターとの違いなどはありますでしょうか。

A:フォーラムシアターは観客参加型で行われる、問題解決を探るために上演される劇です
1、「問題が起こって解決しないまま終ってしまう劇」を創り、上演する (問題提起)
2、解決しないままのものを見せられて、観客はモヤモヤする
3、もう1度上演する。今度は、「状況を変えるために何とかしたい」と思う観客は、名乗り出て、
  登場人物の1人に成り代わって舞台に上がって、行動を起こす。他の役者達は即興で対応する
   ・・・という流れで行われるものです。

A:一方、イメージシアターは、「写真のように静止した場面」を表現することを基本として、
「問題が起こっている場面」「問題が解決された、『こうなってほしい』場面」「解決のため
にこうすればいい、という場面」などを表現していきます。静止した場面=ポーズを取った人達が
並んでいる、という状況ですが、そこから即興的に感じるままに動いてもらったり、
声(言葉/非言語の声)を出してもらったりすることで場面を「展開」させることで、
その場面で何が起こっているのか掘り下げていくのも特徴です。

誰かの心の中にある複数の感情を、ポーズで表現して並べて場面として表現するような、
セラピーに近い形でイメージシアターを活用する手法もあります上演される場合は少なく、
ワークショップの中で行われる場合がほとんどです。

それぞれ、流れを意識しながら、問題が起こっている現状の分析や、
望ましい状況のイメージの共有や、解決策の探求をしていく、という点は共通しています

今回のワークショップの見どころが、プレイバックシアターに関心のある人達が「コミュニティ」
として共有する「夢」を、主に「身体」で表現してもらうプログラムです。
言葉を極力使わないで「ポーズ」を表現の基本にして、夢の実現の道筋を探ります。」


とても興味深いですね。プレイバックシアターともどこか共通するところがあるような
内容ではないでしょうか。
こちらのプログラムはまだ申込受付をしておりますので、ご興味ある方はいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会場
■ホテルKSP 神奈川川県川崎市高津区坂戸3-2-1
かながわサイエンスパーク(KSP)内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加費
■三日間通し(早割6月15日まで)20,000円
■三日間一般      23,000円
■一日参加 10,000円
■公開パフォーマンス観覧 4,000円
■ミニパフォーマンス観覧 2,000円
■ウェルカムパーティー 3,500円
(参加希望の方のみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お申込み/お問い合わせ】
プレイバックシアター日本大会・2016東京
公式HP http://jptc2016.jimdo.com/ 
E-mailアドレス jptc2016@gmail.com

主催プレイバックシアター∞和音♪
後援IPTN

プレイバックシアター日本大会・2016東京~想いをつなぐ 7月18日 分科会 D-6 表現セラピーワークショップ 「みんな違って、みんな良い!私らしさを感じてみよう!!」

7月18日 分科会 D-6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

表現セラピーワークショップ

「みんな違って、みんな良い!私らしさを感じてみよう!!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
表現セラピーは、来談者中心療法のカール・ロジャースの愛娘であるナタリー・ロジャースが

まとめたパーソンセンタード表現アートセラピーをもとにした、安希カウンセリング事務所の

オリジナルの芸術療法です。あなたの直感・ひらめきに従い、ひとつのアートや表現から、

次の別の表現へとつなげてゆきます。(色や線・造形・ムーブメント・身体表現・イメージワーク

・音や声、リズム、詩や物語づくりなどなど)ワークショップでは、リラックスした創作の

プロセスの中で、優しく、おおらかに自分を感じ、ほかの人々とも、分かち合います。

ほんわかしたり、笑いあったり、じんわり微笑み合えるような時間を過ごしていただければと

思います。参加者同士で語りあうことで、ご自身の表現の意味やメッセージを感じたり、

感情を味わうことで、心をゼロリセットしたり、時に新たな気づきをえることもできます。

もしかすると、私らしくいながら、周りの人々のことも受け入れ、心地よく過ごせるための

ヒントや、ありたい私の姿も見つかるかもしれません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
担当者 鈴木安希子 所属: 安希カウンセリング事務所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
医薬品会社にて、営業を経て、医療機関の研修講師として、丸13年勤務。家族のアルコール
依存の問題もあり、会社で働きながら、カウンセリング、コーチング、表現アートセラピー
プレイバック・シアター、SSTを学び、2003年独立。精神科での集団療法や、
アルコール薬物依存回復施設で、表現セラピー提供する。2006年より、依存症と共依存
アダルトチルドレンの個人セッションを行う。また、人間関係回復の講座・ワークショップも展開する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[担当者さんからのいち押しポイント!]
アート・身体表現・イメージワーク・声や音・リズム、詩や物語など、ひとつの表現を
さまざまな表現につなげてゆくことで、 直感やひらめき、感性が刺激され、思いもかけない
あなたの創造力が引き出されます

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会場
■ホテルKSP 神奈川川県川崎市高津区坂戸3-2-1
かながわサイエンスパーク(KSP)内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加費
■三日間通し(早割6月15日まで)20,000円
■三日間一般      23,000円
■一日参加 10,000円
■公開パフォーマンス観覧 4,000円
■ミニパフォーマンス観覧 2,000円
■ウェルカムパーティー 3,500円
(参加希望の方のみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お申込み/お問い合わせ】
プレイバックシアター日本大会・2016東京
公式HP http://jptc2016.jimdo.com/ 
E-mailアドレス jptc2016@gmail.com

主催プレイバックシアター∞和音♪
後援IPTN
f:id:ptwaon:20160701214056j:plain

プレイバックシアター日本大会・2016東京~想いをつなぐ 7月18日 分科会 D-5「感情のパレット」が浮かび上がる ~The Rasaboxes Exerciseを用いたアクタートレーニング~

7月18日 分科会 D-5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「感情のパレット」が浮かび上がる

~The Rasaboxes Exerciseを用いたアクタートレーニング~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「●●の感情をうまく表現できなかったんだよね。」プレイバックシアターのアクターとして、

感情と表現に関する課題を感じたことはないだろうか。ストーリーが終わって、感情を十分に

表現しきれなかったと思い返すことはないだろうか。では、どうしたらよりスムーズに、

豊かな感情表現を実現していけるのだろうか。The Rasaboxes Exerciseは、感情と表現の

双方を統合的なアプローチでつなげる手法だ。8つの象徴的な感情のボックス。そこには白い

キャンバスと色とりどりのクレヨンが用意されている。それぞれの感情につながるイメージや

言葉たちを心の赴くままに描き、それらをムーブメントなどの身体表現を通して味わっていく。

「普段この感情はよく味わっているな」「この感情はあまり馴染みが無いかもしれない」

8つのボックスを行き来するうちに、自分自身の「感情のパレット」が徐々に浮かび上がってくる。

豊かさや多様さ。複雑さや繊細さ。そして何より、その人らしさが表れる「感情のパレット」。

それは、プレイバックシアターのアクターとして拠り所となる最高のツールだ。

自分で味わったことがあり、使いこなせる感情やストーリーを自覚すればするほど、

そのパレットはより幅広く奥深い感情で彩られていく。本ワークショップを通じて、

自分だけの「感情のパレット」を浮かび上がらせ、さらに豊かな感情表現を実現していこう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
担当者 高橋直裕 / 所属Jack Out the Box
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロフィール
「Jack Out the Box」は、「劇場空間での表現が、その空間を超えて日常へと羽ばたいていく」
そんな思いが込められた、Jack in the box(びっくり箱)からの造語。東京都内で3ヶ月に1度、
半日のワークショップを開催し、幅広い参加者と共に表現に親しみながら、最後には全員でストーリー
を味わっている。初めての方も安心な場で表現を楽しむことができ、また経験がある方にも
新しい視点を提供している。主催:高橋直裕。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[担当者さんからのいち押しポイント!]
言葉や絵、色や体の動きなど、さまざまな角度から、自分を感じてみましょう。また、仲間の
エネルギーを感じることで、その場に流れる気持ちの彩りと豊かさを感じられるでしょう。
世界で俳優トレーニングに用いられる手法を体験しながら、自分と仲間の広がりを味わいましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会場
■ホテルKSP 神奈川川県川崎市高津区坂戸3-2-1
かながわサイエンスパーク(KSP)内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参加費
■三日間通し(早割6月15日まで)20,000円
■三日間一般      23,000円
■一日参加 10,000円
■公開パフォーマンス観覧 4,000円
■ミニパフォーマンス観覧 2,000円
■ウェルカムパーティー 3,500円
(参加希望の方のみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お申込み/お問い合わせ】
プレイバックシアター日本大会・2016東京
公式HP http://jptc2016.jimdo.com/ 
E-mailアドレス jptc2016@gmail.com

主催プレイバックシアター∞和音♪
後援IPTN

f:id:ptwaon:20160701213921j:plain